言語

中国の公用語は、国民の大多数を占める漢族の言葉である「漢語」のなかの北方方言を主体にして造られた普通話。
中国は広い国土と、他民族ゆえに多数の言語が存在するが、国民の意思疎通を容易にするため、中央政府の標準語政策により、北方方言の発音・語彙と近代口語小説の文法をもとに作られた「普通話」が義務教育の中に取り組まれている。
ほか各民族ごとにそれぞれの言語を持つ。

中国語は、シナ・チベット語族に属する言語で、中華人民共和国・中華民国(台湾)のほかに、シンガポールなどの東南アジアや、日本、アメリカなどの世界各国にいる華僑・華人たちの間で話されている。ギネスブックによれば「現存する世界最古の言語」である。

中国語の各方言はシナ・チベット語族に属し、中国祖語をもとに、タイ諸語などの南方諸語やモンゴル語、満州語など北のアルタイ諸語の発音、語彙、文法など特徴を取り込みながら分化したと考えられている。その特徴として、声調を持ち、孤立語で、単音節言語であることが挙げられるが、現代北方語(普通話を含む)は元代以降、かなりの程度アルタイ化したため必ずしも孤立語的、単音節的ではない。

中国では主に中文と呼ぶ。また多民族国家、多言語国家であることから(「中国の言語」という点で、少数民族の言語も中国語といえなくもない)「漢族の言語」という意味で、この言語を漢語と呼ぶことがある。これは学術的な方面でよく使われる。また華語、中國話などと言う呼び方もある。

中国語を第一言語としている人は一般的に約12億人と言われており、かつ、第二言語としても約2億人が使用している、世界で最も多くの人口に話されている言語である。同じ中国語であっても、例えば、北京語(北方方言のひとつ)と広東語(粤方言のひとつ)と上海語(東部に分布する呉方言のひとつ)では発音、語彙ともに大きく異なるだけでなく、文法にも違いが散見されるため、直接会話するのは非常に困難であるが、共通の書面語(書き言葉)が発達しているため、字に書けば意思疎通は比較的容易である。

中国語の各「方言」は共通の文字組織(漢字)を持っているものの、異なる大方言話者との会話による相互理解は事実上不可能に近い。よって、方言話者では学校教育や公共放送で使われる「普通話」とのバイリンガルとなっている事が多い。

方言区分は議論のあるところであり、いくつに分けるか学者によって異なっている。二分類では、長江が南北の等語線とほぼ等しく(南通、鎮江などは例外)、これ以北と西の内陸部が「北方方言」(および晋語)、これ以南がその他の「方言」地域に分類することができる。また、「官話」(かんわ)・「呉」(ご)・「贛」(かん)・「湘」(しょう)・「閩」(びん)・「客家」(はっか)・「粤」(えつ)に分けるのが七大方言であり、「晋」(しん)・「徽」(き)・「平話」(へいわ)を独立した大方言と考える十大方言もある。その他、分類が定まっていな小方言群がある。Ethnologue は、漢語(中国語)を14の言語に分類している。これは下記で述べる中国の平話を除いた9つの方言にキルギスのドンガン語を加えたものである。なおこの場合、閩方言は閩北語・閩東語・閩南語・閩中語・莆仙語の5つの言語に分けられている。

国民の意思疎通を容易にするため、中華人民共和国では、中央政府の標準語政策により、北方方言の発音・語彙と近代口語小説の文法をもとに作られた「普通話」 (pǔtōnghuà) が義務教育の中に取り組まれ、若い世代を中心に成果が上がっており(一般的に、全人口の7割程度が理解すると言われている)、標準語・共通語となりつつある。台湾においても、日本の敗戦後に施政権を握った中華民国政府が「國語」 (guóyǔ)(「普通話」とほぼ同一で相互理解は可能だが音声と語彙に差異がある)による義務教育を行ってきたが、現在では台湾語、客家語、原住民諸語の学習時間も設けられている。

七大方言

北方方言(官話方言)

北方方言は中国語の方言区分の一つ。官話方言ともいわれる。言語としては廣義の北方方言、北方話、北方語、北語などの呼称がある。また共通語という意味で官話も用いられる。なお方言区は北方のみならず南方にまで及んでいるため、「北」とすることに異議が唱えられることもある。普通話の基礎となる方言である。
中国官話の代表は、北京語・天津語・東北語・西安語・成都語・南京語・揚州語などである。中国の東北・華北・西南・江淮一帯の広い範囲に及んでおり、その使用率は漢民族人口の73%を占める。ただし山西省を中心に話され、太原語を代表とする晋方言(晋語)は独立した大方言区とすべきとの意見がある。また下位方言の江淮方言(下江官話)については呉方言に含めるべきとの意見もある。これは他の中国官話では消滅した入声(音節末子音が閉鎖音のもの)があるためである。

呉方言(上海語等)

呉方言(ごほうげん)は漢語の主要な方言のひとつである。呉語(ごご)ともいう。1991年の調査によると、呉方言の話者は8,700万人で、約8億人が話す漢語北方方言(官話)に継いで第2の有力な方言となっている。
上海市、浙江省の大部分、江蘇省南部及び安徽省、江西省、福建省の一部で話される。呉方言の主要なグループには上海グループ、(上海語)、蘇南グループ(蘇州語)、東瓯グループ(温州語)、浙江グループ(杭州語)などがあり、上海語と蘇州語が代表的な呉方言とみなされる。南京や杭州の旧市街で離される南京語や杭州語は中古漢語と古呉方言が融合したものである。

贛方言(南昌語等)

贛方言(かんほうげん)とは、中国語の方言区分の一つ。言語としては贛語(かんご)と呼ばれる。使用率は漢民族人口の2.4%で、七大方言では最も少ない。
その分布地域は江西省中部および北部、湖南省東南部、福建省西北部および安徽省・湖北省の一部である。その代表として南昌語が挙げられる。

客家方言(客家語)

客家語(ハッカご)は、客家人が使用する中国語の方言。主に広東東部、福建西部、江西省南部の山間部に分布するが、四川省、広西チワン族自治区などの省区や海外の華僑・華人にも多くの話者がいる。推定使用者人口は、5500万人(中国4500万人、海外1000万人)。

湘方言(長沙語等)

湘方言(しょうほうげん)とは、中国語の方言区分の一つ。言語としては湘語(しょうご)と呼ばれる。使用率は漢民族人口の5%前後である。
その分布地域は湖南省(西北と東の一部を除く)、広東省・広西チワン族自治区北部、四川省の一部である。その代表として長沙語が挙げられる。

閩方言(福建語)

閩方言(福建語)は、福建省、広東省東部及び西南部、海南省、浙江省南部、台湾、シンガポール共和国、マレーシア及び各国の華僑・華人の一部の間で使用される。閩語ともいう。広義の福建語の推定使用人口は7000万人程度である。狭義には厦門、泉州などの福建省南部で話される閩南語を指す。
広義の福建語は福建省の中でもさらに5方言に分かれているとされる(建甌などの閩北方言、福州語などの閩東方言、莆田 ・仙游などの興化方言、厦門・泉州・漳州などの閩南方言、永安・沙県などの閩中方言)。潮州語は主に広東省で、海南語は主に海南省で話されるが、閩南方言に近い。広東省西南部の雷州方言は海南語に近い。

粤方言(広東語)

粤語(えつご)とも言う。広東省、広西チワン族自治区、香港、マカオおよび華僑、華人の間で使用される。推定使用人口は8000万人。
マレーシアにも多くの話者がおり、欧米やオセアニアの中国系社会でも主要な方言となっている。香港では、テレビ、ラジオのメディアで使われている優勢言語であり、映画、演劇、歌謡曲でも広く使用されている。また、新聞、雑誌、Webサイトでも方言をつかった文章が広く書かれており、これを表記するための方言字も多く作られている。

古中国語の語彙が残存している比率が他の方言よりも高く、タイ系の基層の上に、古中国語がかぶさってできたものと考えられる。イギリスの統治を長く受け、英語を併用している香港の広東語は、英語からの借用語が多く使われている。同様にマカオの広東語には少量のポルトガル語からの借用語がある。

中国語の表記

中国語の共通文字体系である漢字の歴史は古い。漢字は中国独自の文字で、ラテン文字などのアルファベットと異なり、音節文字であり、表意文字である。漢字は大変大量かつ複雑な容姿をした部品を用い、かつ不規則な読み方をし、異体字や類義の字も多いため、習得に長期間を有し、経済的にも効率が悪いといった趣旨の意見など否定的な見解もあり、ラテン文字などに移行すべきという意見がある。実際に、韓国・朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮語)ではハングルに、ベトナム(語)でもラテン文字を基本とした表記に移行し、漢字が廃止された。ドンガン語もキリル文字で表記されている。日本では1949年に「当用漢字字体表」が告示され、新字体を使用し、用字も整理して、漢字の簡略化が行われた。

中国本土でも1956年に、少しでも学習の負担を減らすべく、字画が少なく、読みや構成にも統一性を高めた簡体字が導入され、中国全土で使用されることが中央政府によって義務化されている。シンガポールも中国語(華語)の表記には簡体字を用いるが、中華民国(台湾)、香港、マカオでは康煕字典の字体にほぼ準じた繁体字(正体字)が使われている。香港、マカオでは返還後、普通話の表記には簡体字が用いられることが徐々に増えている。台湾では、中国大陸との商業交流のために、簡体字も普及されている。また、中国本土では1956年に標準語政策の一環としてローマ字表記(ピンイン)も考案され、国連やISOなどの国際機関でも中国語を表記する際には、このピンインが用いられることになっている。また、ピンインの開発は、外国人(特に欧米人)による中国語学習促進にも一役を買った。中華民国では注音符号と呼ばれる発音記号を用いて、漢字の読みを示しており、ローマ字による転記も中国本土とは異なっていたが、ピンインの使用が一般化しつつある。

中国語の文法

語形変化(活用)が生じず、語順が意味を解釈する際の重要な決め手となる孤立語である。ちなみに英語も孤立語的である。基本語順はSVO型である。しかし、現代北方語や文語では「把」や「將」による目的格表示などがあり、SOV型の文を作れ、膠着語に近づいている。

なお中国語には時制を表す文法カテゴリーが存在しない。一方でアスペクトは存在し、動詞に「了」(完了)「过」(経験)「着」(進行)をつけることによって表される。

また、 格による語形変化がないのが孤立語の特徴である。したがって、中国語でも名詞や形容詞に格の変化は生じない。格は語順によって示される。

拼音

拼音(ピンイン)は、漢語拼音字母(かんごピンインじぼ、Hànyǔ pīnyīn zìmǔ)の略であり、中国語の音節を音素文字に分け、組み合わせる方式で表せるようにした文字体系のこと。1958年に中華人民共和国が制定した。当初は将来的に漢字に代わる文字として位置づけられていたが、現在では中国語の発音記号として日本を含め世界各国で利用されている。なお「拼音」(ピンイン)は、中国語で2つ以上の音素が組み合わされた連音を指す一般名詞であり、他の発音記号と区別するときには「漢語拼音」と呼ぶ。

ラテン文字のvを除く25文字を組み合わせて発音を表し、主な母音の上に声調符号と呼ばれる4種のアクセント記号を付して声調をあらわす。他に、ウムラウトと区切り符号(アポストロフィー)が用いられる。

四声

四声(しせい)とは、中国語の声調を、中古漢語の調類に基づいての4種類に分類したもの。中国音韻学では平声(ひょうしょう)・上声(じょうしょう)・去声(きょしょう)・入声(にっしょう)をいう。現代中国語の北方方言を基礎とした普通話などの声調でも四声というが、中古漢語にあった入声は失われ、逆に平声が二つに分かれたため、内容が異なり、陰平(第一声)・陽平(第二声)・上声(第三声)・去声(第四声)をいう。