牡丹

中国の国花は牡丹(仮)。現在新しく国花を制定する作業が行われている。候補は牡丹、蓮、菊、梅、蘭の五つ。
中国の国花選定は清代以降まず牡丹が指定され、その後梅も追加指定されている。

牡丹は中国北部原産の落葉低木。開花は五月頃。
株立ち状にはなるが枝分かれは少ない。
早春から萌芽を始め、新梢の頂端に大型の一花をつける。
梅とともに中国でもっとも古くから愛好されてきた花。特に唐代は異常なほどのブームであった。