中国茶の選び方、買い方、淹れ方…

~中国茶の楽しみ方~


中国茶は長い歴史を持っている。また、中国茶は世界中の茶の原点ともいわれている。中国茶は、それぞれの時代で嗜好や作り手の「思想」や「感性」を経て作られた。

中国茶の魅力の第一は、その深い香り。銘茶の香りは花や草、スパイス、蜜などに例えられる。
霧深い黄山、岩に覆われた武夷山、産地の地勢や風光が茶葉の特性に写し出される。土地をそのままイメージさせるような香りになることもある。また、茶の製造方法や嗜好に土地柄が反映される。

中国茶の名前の奥には大地が見える。中国茶を育んだ産地の物語がある。一杯の茶には、多くの魅力が隠されている。

清香(チンシャン)という心地よい響きで形容される中国茶の世界は、魅力と同時に魔力を秘めた世界でもある。

基礎知識

中国茶に関する基礎知識

  • 中国茶とは
  • 中国茶の歴史
  • 中国茶の種類
  • 製造方法
  • 香りの中国茶
  • 八大名茶
  • 四大生産地
  • 銘茶の産地
  • 成分と効能
  • 茶のネーミング
  • 茶葉の選び方
  • 茶葉の保存方法
  • 中国茶の飲み方

中国銘茶

中国の銘茶の紹介。各茶の入れ方や、その茶に合うお茶請けなども。

緑茶

摘みたての新鮮な香りが特徴。中国で最も生産量が多いお茶で、銘茶も多い。不発酵茶。

白茶

白い産毛の生えた新芽でつくられる、生産量が少ない貴重なお茶。ゆっくりと自然な発酵が生む雅な味は皇帝も愛した。弱発酵茶。

黄茶

独特の甘味と爽やかな後味が印象的なお茶。生産量が少なく、希少な存在。皇帝への献上茶だった。弱後発酵茶。

青茶

花のような特有の香りが特徴の茶。健康効果も注目される。半発酵茶。

紅茶

世界三大紅茶のひとつにランクされるお茶。タンニンが少なく渋味がないのが中国紅茶の特徴。完全発酵茶。

黒茶

特有の熟成した香りが特徴のお茶。高価なヴィンテージものも存在する。後発酵茶。

花茶

見た目も香りもきれいな、緑茶や青茶に花の香りをつけたお茶。花香茶ともいわれる。リラクゼーション効果も。

工芸茶

熱湯を注ぐと茶葉の束の中から花が開くお茶。香り、見た目、味わいと三倍楽しめる。

茶外の茶

茶のようにして飲まれるお茶以外のお茶。

茶器

各種茶器の使い方や選び方

  • 茶壺…いわゆる急須。もっとも基本的な茶器。
  • 蓋碗…蓋のついた碗。茶壺と飲杯のニ役をこなす茶器。
  • 茶杯…茶を飲む茶器。飲杯とも。
  • 聞香杯…香りを楽しむためだけの茶器。
  • 茶海…ピッチャー。大勢でお茶を飲むときに欠かせない茶器。
  • 茶托…飲杯を置くお盆。
  • 茶荷…必要分の茶葉を入れておくもの。
  • 茶盤…茶を淹れるための作業台のようなもの。
  • 茶缶…茶葉を保存するもの。
  • ポット…沸きたてのお湯を用意するための必需品。
  • 蓋杯…茶漉しつきマグカップ。
  • ガラス器…ガラス製の中国茶器。
  • その他の茶道具…中国茶を楽しむための小物。

淹れ方(入れ方)

おいしい中国茶の入れ方

  • 茶壺(急須)…オーソドックスな淹れ方。
  • 聞香杯…香りを楽しむ青茶の淹れ方。
  • 蓋碗…蓋のついた杯での淹れ方。
  • グラス…ガラスのコップを使った淹れ方。

お茶請け

中国茶をひきたてるお茶請け

  • 種・実
  • ドライフルーツ
  • 中華菓子

飲茶と点心

飲茶と点心の知識。点心のレシピもあり。

  • 飲茶とは
  • 点心

中国茶の豆知識

中国茶にまつわる話。

  • 茶の値段
  • 抹茶のルーツ
  • 偽物大国の偽茶

参考

  • 中国茶一覧
  • 中国茶専門店
  • 関連書籍

心を満たす一杯の茶。

数千年の歴史の中で、中国茶は多様性を増してきた。花や果実に例えられる香りと味は変化に富み、時代を問わず世界の人々を魅了しつづける。風味ばかりにとどまらず、景徳鎮を始めとする器の彩りや、茶藝の美学も加わり、中国茶の楽しみは無限に広がる。


  • 当サイトでは中国茶、茶器、その他商品の販売は一切いたしておりません。各商品については、取扱店におたずねください。また、当サイトで紹介しているすべての中国茶が、日本国内で入手できる保証はございません。
  • 当サイトに記載されている中国茶の効能等については、その効果を保証するものではございません。