食事、宿泊、観光、ショッピング…

~中国人観光客と上手に付き合うための基礎知識~


中国人観光客は、ビザの緩和と経済発展に伴い、年々増えている。急速な経済発展を続ける中国では今、空前の海外旅行ブーム。人口13億の中国だから、そのスケールも巨大。世界観光機関によれば、2020年には海外旅行者数が1億人を超えるとも。日本政府は観光客誘致によって、日本を訪れる中国人を平成32年には年間600万人に増やすとしている。国内の観光地や小売店、公共交通機関に掲げられる中国語の案内板は、今や日常の風景だ。中国人観光客をめぐる市場は旅行業界や小売店にとって、魅力的な存在となっている。一方、不法残留や犯罪の増加などに加え、経済力による間接支配を不安視する識者もいる。観光客が増加すること自体は悪いことではないが、多くの不安や問題を抱え、必ずしも中国人観光客は福の神とはいえない。

大型観光バスで押し寄せ、大声でしゃべりながら、買い物にも面子を持ち出す。陸続きの大陸、シルクロード、交易、あるいは疎開地など、いっけん外国慣れしているようで、実は排他的。外国の文化も風習もルールもマナーも一切合財無視する中国人観光客は、いったい何を考え行動しているのか?どう接したらよいのか?急拡大中の中国人観光客に、日本の自治体や観光業関係者は、大きな期待を寄せる反面、どう接したら良いのかと頭を悩ませる。
当コンテンツは、そんな理解し難い中国人観光客と接するための傾向と対策をまとめた取説である。


中国人大分析もあわせてお読みください。

中国人観光客を知る

中国人観光客の基礎知識

  • 中国人観光客から見た日本
  • 増え続ける中国人観光客の数
    • 地震で激減した中国人観光客の数
  • 中国人観光客の推移
  • 中国人観光客の統計
  • 制限されていた中国人観光客
  • 中国人観光客のビザ
  • 諸外国の中国人観光客ビザ発給の条件
  • 中間層でもビザが発給されない理由
  • 中国人観光客による経済効果
  • 中国人観光客の消費
  • 中国人観光客のマナー
  • 中国国民海外旅行文明行為指針
  • 観光客の国別の評判に関するアンケート

誘致する

いかに中国人観光客を日本に呼び込むか!?

  • 誘致は国の重要戦略
  • 世界が中国人観光客を狙う
  • 最大のライバルは韓国
  • 長期的視点で考える
  • コスプレは国の政策
  • メディアは貴重な情報源
  • 誘致の心構え
  • 危機管理
  • 誘致の準備
  • 誘致の方法
  • インターネットで集客する
  • 知名度アップの裏技
  • 医療誘致
  • 中国ビジネスの実態
  • 努力なければ淘汰
  • 低価格が今後のカギに

中国人観光客と接するために

特異な中国人観光客との接し方

  • 面子を潰さない
  • 中国人観光客は時間にルーズ
  • 中国人観光客は荷物が多い
  • 中国語を話すべきか?
  • YesとNoはハッキリ言う
  • タバコのルールを教える
  • トイレの使い方を説明する
  • 筆談時は要注意
  • ムダな特権意識をどうするか
  • リピーターは中国人

食事

中国人観光客の食事について

  • テーブルマナーはノーマナー
  • 食事はテーブルが無難
  • バイキングは要注意!
  • 中国人は冷たいものを食べない?
  • ビールの温度
  • 生ものは食べない?
  • 中国人好みの味
  • 飲食物の持ち込み
  • 日本と中国の会計方法の違い

宿泊

宿泊施設関係者必見!中国人観光客で失敗しない方法

  • ルールの説明は必須
  • チップの習慣
  • 歓迎看板を用意する
  • ネームプレートを用意する
  • 営業時間の案内
  • 喜ばれる部屋番号
  • 和室の利用方法
  • スリッパ
  • さ湯を用意しておく
  • 変圧器も用意
  • 浴衣の着付けと記念写真
  • 温泉の入り方
  • 布団

観光

観光客なのに観光にはあまり興味がないようですが…

  • 人気のツアー
  • ツアーの内容
  • 人気のスポット
    • 富士山
    • 北海道
    • 京都
    • 銀座
    • 秋葉原
    • 大阪
  • 集合時間と場所
  • 撮影の可否を必ず伝える
  • トイレと喫煙場所の確認

ショッピング

彼らの主たる目的は買い物!

  • 中国人観光客の買い物
  • 人気のお土産
  • 本物が欲しい中国人
  • 中国人はブランドが大好き
  • キャラクターグッズ
  • 持ち込み禁制品
  • 値引き交渉は当たり前
  • クレジットカード
  • マツモトキヨシ

その他

その他いろいろ…

  • 夜ナニスル!?

中国人が日本へ観光に来るために必要なビザ発給要件の規制緩和により、従来の富裕層のみならず、その10倍に当たる1600万人余りの中間層が新たに要件を満たした。また、団体ビザのみでなく、個人ビザで日本観光をする人も増えてきており、今もなお発展途中と位置づけられている。

訪日目的はショッピングがメインとなっており、サービス業を中心に消費拡大の期待が高まっている。しかし、中国と日本との文化の違いなどで、来店客としては迷惑となるケースもある。例えば、飲食店では、5人の来店で2人分しか注文しない、小売店では商品を乱雑に扱うなどの理由で中国人客を嫌う店も多い。
しかし、中国人観光客がもたらす経済効果は非常に魅力的である。確実に店の収益に結びつけるためには、優良客に来てもらうための仕組みづくりと、普通の観光客に日中の文化の違いを理解してもらうための仕組みづくりが必須となる。

観光はその地域のアイデンティティーを最も効果的に世界の人々に発信できる手段である。さらに、観光振興のおかげで、失われつつあった伝統芸能や民族文化を残すことができた例が世界中でも数多く報告されているように、外部に対してその存在をアピールすることで、地域内部に住む人々も、その地域に誇りをもつことができる。
観光振興の究極の目的は、入込客数が増えることではない。日本を訪れる中国人観光客がどれだけ増えようと、もう二度と日本を訪れたくないと思う人を増やしてしまったら、まったく意味がない。自社の利益も大切であるが、利益の追及だけではやがて飽きられてしまう。観光を通して、日本という国を正しく知ってもらい、誤解している場合はそれを解き、世界から称賛される国として生きていく。そして国内に住む日本人に対しては、外国からのお客様を招くことにより、自分たちが知らなかった自国の良さを再認識し、さらに日本という国、文化に誇りを持てるようにすることを決して忘れてはならない。


  • 当サイトでは、ビザ・在留資格等の代理申請等は行っておりません。
  • 当サイトで紹介している各種手続き・方法等は、その結果を保証するものではございません。観光客を取り巻く状況は常に変化しますので、事前に各取扱機関、専門家等にお問い合わせください。
  • 当サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は自身の責任で行っていただきますようお願いいたします。
  • 当サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、当サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。
  • 当サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを一切保証いたしません。